法定相続情報証明制度に対応,香川・高松で相続はあすか総合法律事務所へ。

法定相続情報証明制度に対応,香川・高松で相続はあすか総合法律事務所へ。

相続手続に利用することができる便利な「法定相続情報証明制度」が始まりました。

 

平成29年5月29日(月)から,各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まりました。

 

これまでは相続の手続において,お亡くなりになられた方(被相続人)と相続人に関連する戸除籍謄本等(全ての相続人が確認できる内容。特に,他に相続人がいないことを確認する必要があります。)を集め,相続手続に関する先(銀行,証券会社,官公署等)にそれぞれ,何度も何度も提出し,場合によっては時間をかけて確認を受ける必要があり膨大な手間と時間がかかる場合もありました。


不動産の名義変更においても同様です。

特に,法務局で行う不動産の名義変更については手続き完了まで戸籍が返却されませんので、この手続きと銀行等他の機関での手続きの同時進行が可能になることの意義は大きいと思われます。

法定相続情報証明制度は,登記所(法務局)に戸除籍謄本等一式と相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を提出し,確認を受ければ,登記官がその一覧図に認証文を付した写し(法定相続情報一覧図の写し)を無料で必要な通数交付してもらえるという制度です。しかも,その後に,何度でも,無料で,何通でも必要な通数交付してもらえます。


法定相続情報一覧図の写しを相続手続きにおいて提出することで,その度ごとになんども戸除籍謄本等一式を提出し,確認を受ける必要がなくなりとても便利です。ただし,金融機関や官公署によっては使えない場合もあり得ますので事前の確認は必要です。

 

手続きの流れ

 

①必要な書類を集めます。

被相続人の戸籍簿謄本や住民票の除票,相続人の戸籍簿謄本などです。

状況によってはその他の書類,資料も必要です。

特に,被相続人の戸籍簿謄本は,長期間,結婚,離婚,養子等いろいろな出来事がある場合には多数かつさまざまな市町村長からの取り寄せが必要となります。

 

法定相続情報一覧図を作成します。

法定相続情報一覧図は,被相続⼈(亡くなられた⽅)及び⼾籍の記載から判明する法定相続⼈を⼀覧にした図このとです。

 

 

③申出

法定相続情報一覧図の保管及び交付の申出書(申出書)に必要事項を記⼊し,①で⽤意した書類と②で作成した法定相続情報⼀覧図と一緒に,登記所へ提出,申出します。

 

申し出する登記所は以下のいずれかを選択できます。
① 被相続⼈の本籍地
② 被相続⼈の最後の住所地
③ 申出⼈の住所地
④ 被相続⼈名義の不動産の所在地

 

事案によっては,一般の皆様では資料の収集,確認や,法定相続情報一覧図の作成がとても大変で手に負えないことも想定されます。他の方の代行は弁護士法等の諸法令に違反する場合も考えられますので要注意です。

あすか総合法律事務所では,代理人として法定相続情報証明制度の支援,申立が可能です。

 

あすか総合法律事務所では,既に法定相続情報証明制度の支援,代理の実績があります。とても便利な制度です。

遺産分割の調停,審判の対応も行っています。

ご希望の方はご連絡,ご相談ください,

初回相談無料(100分まで)。

 

⇒ホームへ