香川 高松 子供との面接交渉権(面会交流)に積極対応

香川 高松 子供との面接交渉権(面会交流)に積極対応

面接交渉(面会交流)の問題

面接交渉とは,離婚後又は別居中に子どもを養育・監護していない方の親が子どもと面会や手紙,メール等様々な手段で親子間の交流を図ることと解されています。面接交渉権や面会交流(権)と表記する場合もあります。

面接交渉は,法律に明文があるものではありません。

しかし,最高裁は,

「婚姻関係が破綻して父母が別居状態にある場合に、子と同居していない親と子の面接交渉につき父母の間で協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは」

「家庭裁判所は、民法七六六条を類推適用し、(中略)面接交渉について相当な処分を命ずることができる。」

つまり,「子の監護についての処分」として処理することができるとしています。(最高裁決定平成12年5月1日(面接交渉の審判に対する原審判変更決定に対する許可抗告事件))

そして,面接交渉が=「権利」として認められるかは見解が分かれています。


実務上は面接交渉は,子の発育,子の福祉にとって重要と考えられており,面接交渉をさせた方が子の利益になり福祉にかない,子に不利益な結果を生じるような事情がない場合には,回数や方法は様々ですが家庭裁判所による「子の監護についての処分」として認めることが一般化しています。

逆に,暴力や暴言他親権喪失事由に該当するような著しく不適切な行為の存在等子の福祉を害する場合や子が面接交渉を拒否している場合等では認められない場合もあります。

 

例外的には,祖父母等との面接交渉が認められる場合もあります。

面接交渉の定め方,求め方

多くは離婚や別居時に書面(離婚協議書・公正証書)や口頭での約束で決めることが多いようです。

面会交流調停について

面接交渉の条件がまとまらない,いくら求めても拒否されるなどの場合は,家庭裁判所に調停又は審判の申立てをして,面会交流に関する取り決めを求めることができます。

調停手続を利用する場合には, 子の監護に関する処分(面会交流)調停(審判)事件として申立てをします。

 原則として調停は相手方住所地の家裁,審判は子の住所地の家裁が管轄です。
この手続は,離婚前であっても,両親が別居中で子どもとの面会交流についての話合いがまとまらない場合にも,利用することができます。

話合いがまとまらず調停が不成立になった場合には自動的に審判手続が開始され,裁判官が,一切の事情を考慮して,審判をすることになります。

多くの場合,家庭裁判所調査官が裁判所や居宅等で子の状況・環境や意思などを調査します。

 

面接交渉に関する具体的な取り決め内容

①頻度,時間,方法,対象

月に何回か

時刻,1回に何時間・何日間か

宿泊の有無

出来なかった場合の振替等

祖父母等の可否

②場所等

どこで面接交渉するのか

誰かが立ち会うのか

学校等の行事への参加(運動会,授業参観,発表会,入学式。卒業式等)

③会い方,子の受渡し(お迎え・引渡し等)

誰が,どのようにするのか

④連絡,変更方法

誰が,いつ,どのような方法で行うのか

変更が必要と思われた場合の取決め

⑤その他

成長に伴って事前に特定の取り決めをする場合はその内容

子と直接郵便・電話・メールやラインなどのやり取りの可否

プレゼントの可否・頻度・価格


※具体的・詳細に書面化しておかなければ,将来的に問題が生じることがあります。

 

離婚前の別居時にも,面接交渉を求める調停を申し立てることは可能ですし,効果的な場合もあります。

 

協議での取り決事項や調停条項,審判の決定に従わない場合の対処=実現方法

 

協議での取り決事項の場合にはいろいろな方法で,説得,申し入れをする。無理なら,前記の調停の申し立てをする。


履行勧告(家事事件手続法289条1項,7項)

調停条項,審判の決定に従わない場合,家庭裁判所に対して申立をすれば義務の履行状況を調査の上、義務者に対し、義務の履行を電話などで勧告してくれます。

しかし,履行勧告には強制力はありません。

 

間接強制

これは,面接交流に応じなければそれに関するペナルティーとしてお金を払わせることによって間接的に面接交流が実現されることを期するものです。

家庭裁判所に対し、「面接交渉に応じない場合は、1回の拒否につき金?円支払え」との間接強制の申立をする方法です。

ただし,その前提となる調停や審判における面接交流の内容(義務内容)が具体的に特定されている必要があります。

 

裁判(訴訟)

面接交流を履行しない相手に対して,精神的苦痛を被ったとして慰謝料を求める訴えを提起する方法があります。

あすか総合法律事務所は、多くの事案を扱った経験をふまえて、的確なアドバイスを行います。
秘密厳守で依頼を進めてまいりますので,弁護士への依頼を検討され,迷ったらまずはご相談ください。初回相談無料(100分まで)。

 

⇒ホームへ